そんちょーが村長を目指す

そんちょーのブログ

Windows

ネットワーク上のファイルのショートカットの作成方法:Windows

更新日:

WindowsのエクスプローラはFTPなどといった規格でネットワーク上のファイルをローカル上にあるかのように扱うことができます。

めっちゃ便利ですね!是非使い倒してください。

で、本記事の結論なんですが、エクスプローラでネットワーク上のファイルを扱う時は、FTPではなくCIFSを使いましょう!
断然CIFSの方が便利なので!

CIFS布教記事です。はい。

FTP

FTPが何かわからない方のために説明しますと、File Transfer Protcol、つまりインターネット上でファイルを送受信する時に使われる規格です。

ファイル通信においてかなり普及している規格になります。

エクスプローラ上でFTPを使うということは、直接接続されているHDDなどの記録媒体にアクセスする代わりに、FTPを使ってインターネット上にあるデータにアクセスするということです。

FTP接続の方法①

エクスプローラのパスを入れるところに、ftpプロトコルを指定して目的の機器のURLまたはIPアドレスを入れます

すると、まともなサーバーならログインを要求してくるので、ユーザー名とパスワードを入力してログイン。

ログインに成功すれば、↓のように開けます。
これは僕の自炊本フォルダです。

FTP接続の方法②

エクスプローラでPCを開き、

ネットワークの場所で右クリック

ネットワークの場所を追加するを選択して、

こんな感じの画面が出るので進んでいきます。

Webサイトの場所を指定する画面がでたらftpを指定して、アクセスしたいネットワークのURLかIPアドレスを入力

で、ログイン画面がでるのでログインに成功すればPCにネットワーク先が登録されます。

「ネットワークの場所」のところに↓の画像付きのフォルダができていれば成功です。

おススメしない理由

FTPで接続したファイルは、ローカル上にある普通のファイルと比べて微妙に機能が制限され、微妙に仕様が変わっているので使いづらく、お勧めしません。

例えば、

  • フォルダ作成のショートカットが違う
  • 新規作成からファイルやショートカットを作成できない
  • ファイルを別のフォルダに移動できない
  • フォルダを作成、削除しても反映されるのになんかラグがある(自分のNASの問題か?)
  • なんか繋がりづらい(自分のNASのせいの可能性はあるけども)

接続の問題はともかく、機能に制限があるのは困りますよね。

ので、FTPではなくCIFSの使用をお勧めします。

CIFS

CIFSの接続方法

エクスプローラで"\\"を入力してから接続したいURLまたはIPアドレスを入力して下さい。

するとログインを要求してくるのでログイン。

成功すれば↓のようなアイコンの付いたファイルが出てくるはずです。

CIFSでインターネット上にあるファイルに接続すると、ホンマにローカル上のファイルと同じ感覚でファイルを扱えます。

自分の使っている範囲では、特に機能が制限されているかんじも無いです。
ショートカットも作れるし、ファイルの移動もできるし、心なしかFTPよりも接続が早くて安定してる気がします。

是非こっちを使用し、世に広めましょう!

-Windows
-

Copyright© そんちょーのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.